【熊本県でおすすめの結婚式場BEST5!】コスパがよく上質と評判!口コミで人気のブライダル・ウェディングを比較ランキングでご紹介!

結婚式場の費用を安くする方法はある?


憧れの結婚式場を見つけられたけど、予算金額内で可能かどうか悩んでいる花嫁も非常に多いと想定されます。
実際のところ、中身は変わらないで必要となるコストを安くすることができ、希望しているようなウェディングをかなえる方法があります。

 

結婚式がリーズナブルな月は夏と冬のシーズンです

結婚式の費用につきましては、季節並びに六曜によって激しく変動します。
ひとつの例として結婚式で注目を集める季節に関しては、ちょうどいい温度で過ごしやすい春及び秋のシーズンになります。
こうした時期は基本料金がもとより高くセッティングしてあることが多いといわれています。

それに対し、夏、冬のシーズンにつきましては同内容の結婚式であってもトータルコストが安めになっています。
それほどシーズンにこだわりがない場合は、その季節にするのもひとつの選択肢です。

一年の中にあっても結婚式のコストを抑えやすく相対的に安い月といえるのが1月と2月になります。
寒さがシビアな季節であるため、結婚式の施行の総数に関してもさほど多くなく、普段よりもリーズナブルなプランを取り扱っている会場が数多くあります。
それに加えて、希望しているスケジュールで日取りをおさえやすいのも素晴らしい所です。
キャンドルの炎を介しての刺激の少ない光のライトアップや眩しいほどに輝く装飾など、寒い季節らしいコーディネートを取り入れるのも一押しです。

 

六曜や曜日などでも安く実行できる場合があります

六曜によりましても、基本料金の設定に変化がある会場も少なくありません。
ひとつの例として六曜の中において一番吉の日と言われている大安につきましては、人気を博しているため料金の設定がとても高く、反面さほど選定する人が少ない仏滅に関しては、仏滅限定のディスカウントが設けられている傾向も見られます。

因みに、春、秋であるとか、大安以外は価値がないと気がかりになる人も多いようですが、ふたりが理由を持って選択した日でしたら親並びに親族も賛成してくれるはずなので安心しましょう。
それに加えて、披露宴会場をいくつか有している結婚式場については、人気を博している日取りに関しては同日に数多くの結婚式をしていることが多く、別の新郎新婦と重なるのを回避するため、意図的に仏滅などを選定するカップルもいると言われています。

更に、コストを少なくするなら、土曜日日曜日、祝日ではなく月曜日~金曜日を選択したり、夕刻や夜間に披露宴をはじめる方法もあります。
月曜日~金曜日限定プランであったりナイトウェディングだからこその割安料金が準備されているケースもあります。
ゲストの日取り調整ができるケースでは候補にいれてみるのも良いかもしれません。

 

アイテムの持込みによってコスト削減できます

節約術のひとつとして、ウェディングアイテムの持ち込みを行うという手段があります。
これについては、結婚式に欠かすことのできないものをインターネットや実際の店舗で自らが購入したり自身で手作りし当日活用することです。

ひとつの例として、ブーケやウェルカムボード、さらに映像関係などは専門ショップがいろいろあります。
近頃は節約の為というよりは、こだわって招待状さらにはアクセサリーやウェディングドレスに至るまで手作りするパターンも増えています。

しかしながら、アイテムにより持ち込みが困難なものや、料金設定している会場もありますのでチェックすることが必要です。

 

アイテムをハンドメイドしたり、持ち込みしたりと倹約法は様々ありますが、ひときわ影響力が大きいのは結婚式のシーズンによるプライスダウンです。
うまくいけば、最大で数十万から100万円のディスカウントをしてもらえる可能性があります。
数十万円節約できると、その分だけ料理をレベルアップできたり、新しい住居にセッティングするインテリア品をグレードアップできます。
近いうちに結婚式場を探そうと考えている人は、時期に気を付けながら探すことをお勧めします。