【熊本県でおすすめの結婚式場BEST5!】コスパがよく上質と評判!口コミで人気のブライダル・ウェディングを比較ランキングでご紹介!

結婚式で着る服装の種類

服が決まらない、結婚式に呼ばれるからには目立ちたい、こうしたゲストも少なくはありません。

しかし、相応しい服装があり、その種類も洋装と和装で違いもあります。

恥をかかないためにも、事前に確認しておきましょう。

 

和婚と洋婚によって装い方には違いがある

結婚式場といっても、熊本にもたくさんの施設があり、いずれも格調の高さであったり、サービスの良さを謳っています。

そして、リーズナブルでクオリティの高い施設を見つけることが、新郎・新婦の希望するところでしょう。

ここで気になるのは、結婚式で着る服装に種類があるのか、あるならばどんな服装が相応しいのか、こうした点ではないでしょうか。

例えば、結婚式の主役は花嫁ですから、花嫁に限定して考えてみましょう。

ホテルでならば洋式スタイルですから、純白のウェディングドレスの装いです。

披露宴でのお色直しにおいては、カクテルドレスをお披露目します。

熊本でも歴史を重んじる風習が色濃く残り、和婚も執り行われています。

それならば白無垢に角隠し、という花嫁衣装での出で立ちでしょうし、披露宴を別会場に設けているのなら、色打掛け、古式髪型も自分の髪で結う花嫁の姿もあるようです。

純真な女性を表す『白』の装いは、この日ばかりは花嫁限定の色ともいわれています。

 

ドレスコードを意識しすぎなくとも良い

花嫁が主役になれる日、もちろん新郎はこの日ばかりは引き立て役にならなくてはいけません。

しかし、引けを取ることは避けるべき、だからこそオートクチュールでドレスとタキシードをコーディネートで揃えるのがベストといいます。

結婚式で着る服装の種類は、洋服と和服の2択です。

男性の場合にはフォーマルスーツで事足ります。

花嫁の場合ドレスによっては一人で着られないものもあり、床を引きずるような長いドレスだと汚れてしまう可能性もあるので、美脚に自信があるならばミニ丈を検討してみてはいかがでしょうか。

では、呼ばれるゲストにとっての結婚式で着る服装に種類はあるのでしょうか。

特に女性の場合には、招待されるからこそ、オシャレをして参列したいと考えるものです。

親族であれば着物、男性はタキシードなどの礼装ですが、遠方から着て行くことになれば、その選択肢は狭くなります。

ですから、着替えをすることができる更衣室があるのか、熊本の結婚式場を選ぶ際には確認が必要かもしれませんし、招待状に情報を載せておくことも気遣いの1つです。

また、ドレスコードを指定する場合も少なくはありません。

指定された色のワンピースやドレスを選ばずとも、ワンポイントで十分なのです。

男性ならば、ネクタイやハンカチーフ、女性ならば小物に取り入れましょう。

 

レンタル衣装を利用するという方法

結婚式で着る服装の種類は、正直な話、会場のタイプによって異なるのも事実です。

それぞれの特徴を理解する必要があり、大きく分けるとホテルや専門式場、寺院、レストランやゲストハウスに分けられます。

老舗となれば格式も高いので、高齢のゲストが多い場合に向いています。

服装もブラックフォーマル、格式ある装いです。

反対に、レストランやゲストハウスは、アットホームな雰囲気と自由度のある演出がウリです。

服装もこだわりがなく、ワンピースからパンツスーツ、カクテルドレスでもマナー違反とはなりにくいようです。

また、家族や親戚の結婚式でどうしても迷うようであれば、レンタル衣装を利用してみましょう。

誰の、どのような場所で、こうした情報を伝えることで、適した衣装を提供してくれます。

着物にしても、紋付き袴であったり、未婚女性が着用できる振袖など、適した種類を選りすぐってくれるはずです。

 

熊本にも数多くの結婚式場が展開しています。

新郎・新婦にとっての衣装の選び方もポイントですが、参列するゲストにとって服装の種類を知ることで、場に相応しい装いになり、周りに引けを取らずに祝福することができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
熊本の結婚式場ランキング!