【熊本県でおすすめの結婚式場BEST5!】コスパがよく上質と評判!口コミで人気のブライダル・ウェディングを比較ランキングでご紹介!

結婚式場で着替えをすることはできる?


結婚式といえば、新郎新婦を始め参列者は一定のドレスやタキシードなどを着ますし、参列者においてもそれなりの服装で参列します。それらを自宅から着てくる必要があるのか、会場で着ることができるのか、式場によって対応が異なります。

新郎新婦は行えるところが一般的

結婚式といえば、花嫁は一生で一番きれいになれる日になるかもしれません。いくら新郎がイケメンであっても、その日ばかりは新婦の引き立て役にならなくてはいけません。ただ一番きれいになれるといってもそのままがきれいなわけではありません。ウェディングドレスであったり、ヘアメイクなどすべてを整えたうえできれいになれます。

では、実際に結婚式場で着替えをすることはできるのでしょうか。もし新郎新婦ができないとなると自宅などで事前にしてこなくてはいけません。新郎はタキシード等なのでとりあえずは何とか着て式場まで来られるでしょう。新婦はウェディングドレスになるので、ドレスによっては一人で着られないものもあります。床を引きずるような長いドレスだと来るまでにかなり汚れてしまいます。多くの式場では新郎新婦の着替える時間及びスペースは用意されているので、式場までは普段着などを着ていくと良いでしょう。ただあまりラフすぎるのはこれから式を挙げる人たちとしてはふさわしくないときもあります。それなりに身だしなみを整えて会場入りするようにしましょう。

ゲスト用は用意されていないところもある

結婚式に招待する人としては、まずは親族などがいます。遠方から来てもらったり、前泊などをして来てもらうときもあるかもしれません。その他には会社関係の人、そして友人などが挙げられるでしょう。それぞれの人がどんな服装で会場まで来るかはわかりませんが、男性はスーツなどになるのでそれほど準備はいらないため、自宅から着てくる人が多いと思われます。一方女性は着物かドレスが多いでしょう。ドレスであれば家で着てくる人もいますが、着物となると着つけが大変なので会場で着たい人もいるはずです。

このように結婚式場でゲストが着替えを望む場合は、会場によって異なる可能性があります。しかし専門の式場であればよくあるケースなので用意してくれているところが多いと思われます。ホテルも用意してくれているでしょうし、もしなければホテルの一室や会議室などを借りてそこで行ってもらうことも可能です。問題は普段結婚式に使わない場所で挙式を行うときです。レストランウェディングなどになると別途用意されていないときがあります。その際は会場の人と相談をして、囲いを作ってもらうこともあります。

事前に確認をして知らせるようにする

結婚式をするときは、事前に招待状を送ります。日取りや式場、結婚式からの参列か披露宴からの参列か、さらにはスピーチのお願いや出し物などをお願いするときもあるかもしれません。すべてを招待状に納められないときもありますが、注意事項などもきちんとわかるようにしておくと良いでしょう

招待されていく人からすると、もちろんオシャレをして参列したいと考えます。親族であれば着物などを着て参列したいと考えるでしょう。しかし遠方から着て行かないといけないのか、ドレスなどを着て行かないといけないのか気になる人もいるかもしれません。その場合は結婚式場で着替えをすることはできるかについて、招待状に情報を載せておくようにすると良いかもしれません。この情報があるだけで色々な来方をすることができます。場所が用意されているとの情報があれば、会場までは一般の私服で来て、会場で着物などに替えられます。一方用意されていない旨を伝えておけば、会場につくまでの間に替えないといけないのでそれを想定して準備をしてもらえます。

新郎新婦の着替えに関しては、会場内に一定のスペースが用意されているので問題はないでしょう。また、ゲスト用の場所は専門の式場やホテルであれば用意してくれるでしょう。万が一ゲスト用の着替えスペースが用意されていない式場であるとしたら、事前に伝えることが必要になるかもしれません。