【熊本県でおすすめの結婚式場BEST5!】コスパがよく上質と評判!口コミで人気のブライダル・ウェディングを比較ランキングでご紹介!

結婚式のキャンセル料はいつからいくらかかる?

結婚式は長い人生の間でも最大級のビッグイベントとなることは確かであり、準備も大変ですが当日を心待ちにしているのは当然のことです。

しかし、突然の不幸に見舞われたり予期せぬはハプニングが起きてしまうなど、予約した式場で式を挙げることができなくなってしまう可能性もあります。

そうなった時に気になるのが、キャンセル料についてです。

式を挙げると決めた時には、取り消すことになるとは夢にも思っていないことから、チェックし忘れてしまいがちですが、契約前に確認しておくべきポイントの一つということは間違いありません。

 

キャンセル料が発生するタイミングとは

中止したり延期するなど解約することはできますが、基本的にキャンセル料が発生するということは頭に置いておかなくてはなりません。

契約をした時点で発生するケースが多く、契約当日でもキャンセル料が必要になることもあります。

金額は挙式日の何日前かによって変わりますが、当然挙式が近づけば近づくほどキャンセル料もアップしていきます。

当日のキャンセル料は100%となり、式を挙げた時に結婚式場に支払う予定だった金額を丸々支払うことになります。

契約だけではなく仮予約と本予約の違いも理解しておく必要があります。

仮契約は希望する日時を借り抑えすることができるシステムであり、仮押さえの期間は一週間程度と短くなっています。

このタイミングではまだ仮の状態なので、キャンセルしても料金が発生することはありません。

気をつけなくてはならないのは本契約です。

本予約は希望の日時の式を正式に契約したということになり、式場へ内金も支払いきちんとした契約を行なったということになるので、取り消す場合はある程度の料金が発生します。

内金に関しては全額返金されないケースもあるので、十分考えてから本契約に進むべきです。

 

キャンセル料が発生する理由とは

キャンセルとなれば式場自体だけではなく、衣装や引き出物を始めとし、それまでに手配したり準備をした結婚式に関する多くのアイテムをキャンセルすることになります。

キャンセルする際には、まず結婚式場と契約時に取り交わした契約書を確認しましょう。

キャンセルが可能なものの中には、キャンセル料が発生するものもあれば、発生しないものもあります。

キャンセル自体ができないものがある場合もあり、それぞれ細かな違いがあるので隅々までチェックするべきです。

 

注意しておくべき点と補償について

キャンセルして式を挙げないにも関わらず、なぜ料金を支払わなくてはならないのかと疑問に感じる人も中に入るのではないでしょうか。

しかし、結婚式を挙げるために多くの人が動いており、挙式の日程が迫ってきているほど準備も進んでいるので取り消すことは大変迷惑がかかり、お金が発生するのは当然のことと言えます。

同じ日に式を挙げたいと希望しているカップルがいる場合も、すでに予約で埋まっているからと断っている可能性もあります。

ギリギリになれば新たに式を挙げたいという人も減り、本来ならばあったはずの式場の利益がなくなるとなれば、大きなマイナスになってしまいます。

様々な点を考えた上でのキャンセル料ということは、頭に置いておくようにしましょう。

近年では万が一のキャンセルに備えた補償か準備されている結婚式場も増えているので、申し込んでおくのも一つの手段です。

 

式場ごとの決まりがあるので、予約や契約する際にはしっかり確認しておかなくてはなりません。

式を挙げると決めた時には、キャンセルすることは考えてもいないという人が大半ですが、何が起きるかわからないからこそ念には念をと考えておくべきです。

式場による決まりだけではなく、キャンセル理由によっては多少の融通を利かせてもらえるケースもあります。

取り消しや延長にしなければならない止む終えない理由があるとなれば、考慮してもらえることもあることは確かです。

取り消しや延長することが判明した時点で、少しでも早く式場に連絡をするということが重要なポイントの一つと言えるのではないでしょうか。

誠意によってキャンセル料金を減額してもらえる可能性もあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
熊本の結婚式場ランキング!