【熊本県でおすすめの結婚式場BEST5!】コスパがよく上質と評判!口コミで人気のブライダル・ウェディングを比較ランキングでご紹介!

結婚式をキャンセルしてしまうとキャンセル料はかかる?

結婚式や披露宴を計画しているカップルの中には、自然災害や身内の不幸、病気などでやむをえず、中止や延期をしなればならなくなることもあります。式場によっても多少は違いがありますが、中止や延期をするとキャンセル料が発生します。キャンセルで式場に支払う必要がある金額はどのくらいなのでしょうか。

やむをえずキャンセルする場合の費用を知っておきたい

式場の予約は数か月前から行うので、地震や台風、大雨などの自然災害が発生したり、身内に突然の不幸があったり、新郎新婦のどちらかが病気になってしまったり、やむをえずキャンセルをしなくてはならないこともあります。

式場によっても多少は違ってきますが、数か月前の場合は見積もりの20パーセントから実費が必要ですし、挙式当日にキャンセルをする場合は見積もりの100パーセントを請求されるケースもあります。結婚式は一生に一回の大切なセレモニーなので、中止や延期をしたくない人がほとんどですが、やむをえない事情の場合はキャンセルをしなくてはなりません。

結婚式場を選ぶ時は、万が一の事態になってしまった時にキャンセル料の補償が受けられる所もあるので、スタッフに説明を受けておくと安心できます。新郎新婦の名前が入った引出物や引菓子などを注文してある場合は、キャンセルや返品が出来ないケースがほとんどです。大切なゲストに好きな物を選んでもらうカタログギフトの場合は、断ることができる場合が多いです。

式場によっても支払う費用が違ってきます

結婚式や披露宴を楽しみにしているカップルが多いですが、両親や祖父母、兄弟姉妹などの身内に不幸があったり、自然災害などで住宅に被害が出てしまうと、結婚式や披露宴を行うことが出来なくなります。カップルの破談以外の理由で、結婚式や披露宴が中止や延期になることは少なくありません。

地元で評判の高い式場では親切で丁寧な応対のスタッフが在籍をしているので、やむをえない事情で中止や延期をしたい場合はどれぐらいの負担がかかるのか、あらかじめ聞いておく必要があります。新郎新婦は新生活をスタートするために、大安吉日に予約を入れたい人が多いので、暦の良い日は他の人の予約が入っており、数か月後しか予約が出来ないこともよくあります。家族が病気になってしまったり、新郎新婦のどちらかが体調不良などの場合は、なるべく早くキャンセルをしたほうが良いでしょう

挙式の数日前や当日は式場も準備を進めていることが多いため、高額な出費が必要になるケースもあります。結婚式や披露宴を行うためには、ゲストの料理の手配をしたり、生花やペーパーアイテムなども用意をする必要があるので、当然ですが式場側にお金を支払わなくてはなりません。

なるべく早めにキャンセルをしましょう

結婚式や披露宴は数か月前から予約を入れる必要があるので、カップルの破談という理由だけではなく、様々な理由で中止や延期になることがあります。

ゲストを招待するためには、料理の手配をする必要がありますし、引出物や引菓子なども準備をしなければなりません。式場のスタッフは最良の日にするために、様々な準備を行っているので、中止になる場合は当然ですが費用は発生してしまいます。ウェディングドレスや羽織袴、色打掛や白無垢などの衣裳をレンタルしている場合は、中止をすると費用が必要になります。優良な式場を選んでおくと、キャンセル時のペナルティーについてもきちんと説明をしてくれるので、アドバイスを受けておきましょう。

結婚式や披露宴は一生に一回の大切なセレモニーですが、地震や台風などの自然災害で被害を受けたり、両親や祖父母などの身内に不幸があると、中止や延期をしなければならなくなります。式場によっても多少は違ってきますが、数か月前のキャンセルの場合は、見積もり額の20パーセントから、実費が必要です。